2015年9月19日土曜日

当クラブ強化選手より、「村杉 潮音選手」が出場しました!!

  U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015



【日程】82830
【会場】ヴェルディグラウンド/味の素フィールド西が丘

この大会はジュニア年代の世界レベルを経験できる貴重な大会です。毎年、日本からはJリーグ下部組織/県TC/スペイン(FCバルセロナ)(RCDエスパニョール)/アルゼンチン(テポルティーボ・カミオネーロス)/ベトナム(ベトナム代表)など、世界の強豪クラブも出場する世界レベルの大会です。
当クラブ強化選手(井上・碇・古市・村杉・藍・関根・荘司)から「村杉潮音 選手」が選出され、U-12
ジュニアワールドチャレンジ2015に柏レイソルU-12メンバーとして出場しました。













柏レイソル(本部)の1人として選出された村杉選手にとって、試合を含めて全ての事がとても良い経験になったと思います。また、柏レイソル(本部)は国内外の大会のタイトルを取っている選手達だったので、その選手達と行動することも、自分に得るものが多くあったと思います。そして、外国人選手と試合することが初めての経験だったと思います。これからのサッカー人生にも、良い影響を受けたと思います。
そして、何よりもクラブの目標となり「選手・指導者」にも良い刺激になったことと思います。長生近隣の運動能力の高い選手達を早い段階で発掘・育成し、このような経験を経て「柏から世界へ」飛び立つことを願っています!
村杉選手「世界へのチャレンジ!」本当にお疲れ様でした。また、関係者の方々大変お世話になりました。
【選手達へ】
選手は成長と共に自立していかなければなりません。自分で朝起、自分で掃除、自分で準備など、甘えた選手は「自分がやらなくても親がなんとかしてくれてあたりまえ!」という考えになる。そういう選手は「指導者が助けてくれてあたりまえ!」になる。
困ったら助けてくれる。言わなくても察してくれてあたりまえということになってしまう。そうした甘えが多くなるとサッカーへ大きく影響してきます。局面で判断が必要なときにそれができない。そして、それを人のせいにしてしまう。わがままなプレーをしてしまう。ボールを持った時に軽い考えでドリブルし、奪われたのち守備をしない!など・・・
自立は大きな成長へ繋がるので親に頼らず、生活するようにしましょう!

今後もまだまだ選手達の挑戦は続きます。頑張ってください!  
担当 木島

0 件のコメント:

コメントを投稿